炊飯器で作る鶏むねハム

2018年8月19日もの

鶏むねハム

今回は、炊飯器で作る、塩抜き不要の鶏むねハムの作り方です。手順少なく材料少なく簡素ですが、しっとりと美味しい仕上がりになります。下の方にYouTubeのレシピ動画もあります。

材料

  • 鶏むね肉3枚
  • クレイジーソルト
  • オリーブオイル 1枚当たり50mlぐらい

ね、少ないでしょ。これに5合炊き炊飯器と片手鍋、ポリ袋3枚あればレッツクック!(3合炊きの炊飯器だと鶏むね2枚が限界かも知れません。)

鶏むねの下処理
鶏むねの下処理

ここが一番時間がかかる工程です。鶏むねの皮をはぎ、脂をそぎ落とし、フォークで突いていきます。

こんな感じ
こんな感じ

表と裏両方とも、こんな感じでまんべんなくフォークを使って突き刺していきます。残り2枚も同じように。

クレイジーソルトまぶし
クレイジーソルトまぶし

表と裏両方にクレイジーソルトを振って手のひらで軽くすり込みます。他の2枚も同じように。

藁っぽいのはクレイジーソルトに入ってる何かのスパイス
藁っぽいのはクレイジーソルトに入ってる何かのスパイス

そのまま5分ほど放置。

一枚ずつポリ袋に
一枚ずつポリ袋に

ポリ袋に入れるとき、袋に穴が開いてないか、袋を開いた状態で少し動かし空気をはらませて、空気が漏れないよう手で縛り、顔を近づけて漏れを確認してください。穴が開いてたら台無しになります。大量パックのポリ袋だと、たまに不良品が混ざっていることがあります。

オリーブオイルを入れる
オリーブオイルを入れる

柔らかく仕上げるためと、より簡単にポリ袋の中の空気を抜くためにオリーブオイルを入れます。お肉の大きさにもよりますがだいたい50㏄~70ccぐらいです。

こんな感じ
こんな感じ
なんとなく雰囲気伝わりますかね
なんとなく雰囲気伝わりますかね

そうしましたら、この段階で片手鍋(袋ラーメン2個作れるぐらいの大きさ)でお湯を沸かし始めます。

水を張った炊飯器
水を張った炊飯器

次に炊飯器の半分ぐらいにを張ります。

袋の空気を抜きます
袋の空気を抜きます

炊飯器に鶏むねの袋を入れ、なるべく中の空気が外に出るよう指先で押し出していきます。鶏むねにはへこみがあるので、裏返して同じように空気を抜きます。真空パックみたいな感じが理想です。できたらポリ袋の口をぐるっと回して縛ります。(難しい時はゴムで縛ってもいいです。)他の2つも同じようにします。水が入ってこないようにしっかりと。

炊飯器の中の水は捨てます。

お湯を入れます
お湯を入れます

次に片手鍋のお湯が沸騰したら炊飯器にいれます。(ここでは3合のラインまでお湯が来ました。)

水を足します
水を足します

ここでは5合のラインまで水を足しました。しゃもじなどでいったん湯をかき混ぜます。手先を入れて一瞬おいていられるかな?という程度の熱さです。

そうしたらこの中に口を縛った鶏むね入りのポリ袋3つを縛ったところを上にして入れていきます。おそらくお湯が際まで来ると思います。炊飯器に移動させる際に危ないですから、上から4センチほどお湯を捨ててください。

40分
40分

炊飯器をセットして40分保温します。40分経ったら保温を切ります。

中の鶏むねの状態で、お肉同士がくっついてるあたりの加熱が弱い傾向になりますので、動かして、再び炊飯器の蓋をして60分放置します。(保温はしません)

こんな感じに仕上がります
こんな感じに仕上がります

塩抜きせずこのまま食べられます。出来上がった鶏むねは、粗熱が取れたら冷蔵庫で保存します。1週間は持ちます。

肉質分かりますかね
肉質分かりますかね

使う時はそのまま取り出して切ります。バジルソースとパルメザンチーズ、粗びきコショウを振りました。モツァレラ好きなんですが、お高いので、鶏むねハムをこのようなサラダにして食べます。

今のところこのメニューが1番人気で、冷やし塩ラーメン(顆粒の鶏ガラだし)のトッピングが次点です。冷やし塩ラーメンにはキュウリとトマトも入れ、柚子胡椒を少しずつ乗せて食べても美味しいです。夏にぴったりです。

ほぼ放置でできるので簡単です。お試しを!


冷やしラーメン
冷やしラーメン

上に乗っているのは柚子胡椒です。8/18



2018年8月19日ものしっとり, 塩抜き不要, 炊飯器, 鶏むねハム

Posted by bee