なまはげ館

秋田の来訪神行事「男鹿のナマハゲ」についての展示をしている、なまはげ館に行きました。なまはげの由来は、冬に囲炉裏にずっと当たっているとできる火斑(ひだこ)を方言で「ナモミ」と言い、怠け心を戒めるため、これを剥ぐという事で、ナモミ剥ぎが転じてナマハゲになったとされています。

森の中に佇むなまはげ館案内板ナマハゲをモチーフにしたオブジェ建物が見えてきましたなまはげポストなまはげ館入り口周辺この道の奥には男鹿真山伝承館がありますナマハゲがやってきそうな疑似の森

<基本情報>
開館時間: 8:30~17:00
入館料(なまはげ館): 

道の駅おおがた

道の駅

かつて日本第二の湖と呼ばれた八郎潟を干拓し、誕生した大潟村。ちょうど玄関口にあたる道の駅です。道の駅おおがたは、日本で唯一干拓をテーマとした ...
竜泊ライン

風の強い海岸線 袰内(ほろない) 津軽海峡を貨物船が行きます 龍飛海岸の様子 曲がりくねった海岸線 振り返って眺めたところ。道の奥は袰内川に ...
龍飛観光案内所

国道339号線沿いにある龍飛岬観光案内所「龍飛館」は、かつて「奥谷旅館」として棟方志功や太宰治等が宿泊しており、現在はゆかりの品々や、龍飛岬 ...
帯島

国道339号で帯島に向かいましょう。 青函トンネル工事慰霊碑に立ち寄ります。 青函トンネル工事殉職者慰霊碑 ひっそりしています 慰霊碑 青函 ...
龍飛岬

龍飛埼灯台を後にてくてく歩きます 展望台行ってみましょう あの四阿みたいな奴かな 振り返って灯台を眺める つきました 一階にはトイレがありま ...
龍飛埼灯台

青森県津軽半島の竜飛崎の突端に立つ白亜円形の大型灯台。昭和7年(1932年)7月1日に初点灯、霧信号業務開始。 龍飛埼灯台・位置:北緯41土 ...
青函トンネル記念館

, 道の駅

2020年9月に訪れたので、青函トンネル記念館は閉館中でした。今回は、記念館そばの駐車場にある、青函トンネルで活躍した重機の展示などの写真が ...
青函トンネル入り口広場

青函トンネル入り口広場は、津軽半島先端のへこんだ部分にあります。 青森県 青函トンネルの本州側の入口で、ここから全長53.85キロメートルの ...
道の駅こどまりポントマリ

道の駅

青森県北津軽郡中泊町にある、道の駅こどまりポントマリは営業期間が4月中旬~11月上旬となっています。営業時間は9:00 ~ 17:00、レス ...

ダム部

小泊ダムにやってきました 監査廊入口 ダム諸元 天端 提頂長121.5m 地元の学校からの記念タイル これ憶えてて見に来る卒業生もいるのでし ...
青池

森の物産館キョロロに十二湖駐車場があります。 十二湖駐車場 森の物産館キョロロ バス停もあります。少しお腹が空いていたので先に物産館で何か食 ...
日本キャニオン

日本キャニオン入口 日本キャニオン(にほんキャニオン、にっぽんキャニオン)は、青森県西津軽郡深浦町松神にある景勝地である。浸食崩壊によって凝 ...