株式会社 空調服 クールクッション(KC-1000B)

2017年9月21日くるま

7月に入り、暑さが厳しくなってきました。そんな某日、助手席から、「座席が蒸れて暑い」との苦情が入りました。

そこで以前から愛用していて、運転席には装着済みの、株式会社 空調服クールクッション(KC-1000B)を、助手席にも導入する事にしました。

この商品は、座席に触れている部分が蒸れて不快だと言う方にはうってつけです。エアコンの風を足元から出しておけば、下部のファンによってクールクッション内部を冷風が常に流れ続けます。

これによって長時間座っていても背中もお尻も蒸れてくることが無いのです。座った瞬間涼しいというような物ではないのですが、確実に快適を実感出来ます。

8000円前後する割とお高い商品ですが、この快適さに慣れてしまうとこれ無しの旅は考えられません。

運転席のクールクッション(KC-1000B)
シンプルなパッケージ
シンプルなパッケージ

amazonで注文し、3日ほどで到着しました。見慣れたシンプルなパッケージです。

今回装着する助手席
今回装着する助手席

今回はこちらの助手席に装着します。

クッション本体と風量切替スイッチとUSB電源
クッション本体と風量切替スイッチとUSB電源

助手席で開封したところです。クールクッション本体と、風量切替スイッチに、シガーソケットに差し込むUSB電源が付属しています。

ですので、シガーソケットに空きがあれば、すぐに使い始めることが出来ます。

それでは装着していきます。

本体を広げて、固定バーを・・

背もたれと座面の間に差し込みます。

背中部分の上部から出ているベルトの長さを調節し、ヘッドレストのポールに引っ掛けてバックルで止めます。

完成写真
完成写真

完成です。見ての通りほぼ掛けるだけなので装着はとても簡単です。

配線が汚いのが気になりますが、後日改善したいと思います。これで快適なドライブが出来ます。

 

2017年9月21日くるまクールクッション, シート, 座席, , 空調服, 蒸れ,

Posted by tanu